Archive for the ‘靴のこと’ Category

2018年無事終了しました!

Posted by:motocox on 12月 - 31 - 2018 - Filed under: 靴のこと -

気が付けば今日は大晦日!

ズボラな私もここまでくると・・・

おかげさまで、2018年も無事終了致しました。

 

11月21日には、モカシンワークショップも楽しく開催することができました。

参加くださったのは、私の中学時代の友人を中心に都内からの皆さん。そして、おひとり、出産お祝いのベビーシューズをお作りになる方。

ひとつひとつ丁寧に、手作業で進めていくうちに・・・

あらら?

日向ぼっこしながら、編み物をしているみたい・・・な方も。

でも、とっても楽しそうでした。

手よりもお口の方が忙しい・・・なんていう状態になってはいませんか?

ですが、最後は、無事全員完成!

良かった!良かった!

 

そして、オーダー靴もベビーシューズが次々と。そして、大阪にフィッティングに出かけたり、12月も久しぶりに作成するデザインのブーツのフィッティングがあったり、気が付けば年末になっていました。

 

2019年は、腰を据えて、じっくりとオーダー靴に取り組みます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

秋を楽しむ♪

Posted by:motocox on 11月 - 22 - 2015 - Filed under: 靴のこと -

 

IMG_1281

 

連休中日・・・皆さんいかがお過ごしでしょうか?

鎌倉の紅葉も、場所によって、そろそろ見頃を迎えようか・・・といったところでしょうか?

長谷寺もライトアップが始まったようですね。

 

今年は、サイドゴアブーツ(ブーティー)が人気のようです。

フットパラダイスでは定番品。

写真は親子のオーダーシューズです。もちろんネーム入り!

秋の天気の良い日に、落ち葉の絨毯をお揃いのシューズを履いてお散歩したら、

忘れられない思い出になることでしょう!

ステキな秋をお過ごし下さいね。

 

 

 

 

E komo mai !(ようこそ!)

Posted by:motocox on 10月 - 8 - 2013 - Filed under: 靴のこと -

10/24からのカスタマイズシューズ展示会にむけて

毎日せっせと靴作りに励んでいます。

 

基本的に、お客様のニーズにお答えして、ゼロから靴を作るスタンスなのですが、

カスタマイズシューズ展は、私のちょっとした提案ができる場なので、

反応がどうであるか?ちょっとドキドキです。

しかし、これはまた楽しみでもあります。

 

今回は、鵠沼海岸でカルトナージュ教室を主宰している

友人の竹内康子さんによるベビーシューズケースやステキなフレームの

展示もありますので、ぜひご覧いただきたいです。

 

今回は、女性の靴と子供靴(12cm~17cm)が主な展示ですが、

紳士靴で、こんなの欲しい!というデザインの提案がありましたら

展示会会場にお持ち下さい。

次回以降のカスタマイズシューズの参考にさせていただきたいと思います!

もし、デザインを採用させていただいたときは(なんて上から目線!!)、

デザインして下さった方に無料にてその靴をお作りしようかな・・・?と

思っております。(思案しております)

 

という感じで、色々考えながら、靴を作っていると、また楽しいのです。

 

ということで、どなたでもwelcome!

ハワイ語で「E KOMO MAI!(エ コモ マイ」

 

10/24(木)から26(土)

11:00から17:00まで。ギャラリーHANAさん2Fにて

皆様にお会いできること、楽しみにしております。

※詳しくはNewsのページをご覧下さいIMG_0130-4

 

 

 

 

Have a nice summer !

Posted by:motocox on 8月 - 13 - 2013 - Filed under: 靴のこと -

残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏は・・・といいますか、年々夏が暑くなっていっているような気がするのは、私だけではないと思います。
いかがお過ごしでしょうか?

先月のブログにも書いたのですが、今年の夏は、湘南公用履きの(?)ビーサンではなく
モカシンを愛用しているのですが、もうひとつ、バレエシューズも活躍中です。
夏の日差しに負けない、綺麗な赤のバレエシューズには
学生時代の友人が経営している、香川県の日本ケミフェルトさんのブランド「SOKO」
という中敷を入れています。
花柄の綺麗な中敷は、滑らず、サラサラしていて、素足にピッタリ!
しかも、薄いのに弾力性があるので衝撃を吸収してくれる優秀な一品です。

soko summer

デザインは他にもシックなものや、個性的なものまで沢山あります。
東急ハンズなどでも取り扱いがあるそうですので、
機能だけでなく、ちょっとお洒落に楽しみたい方にぜひオススメします!

暑さに負けずに、軽やかにお出掛けしましょ☆

この夏、素足美人に素足美男

Posted by:motocox on 7月 - 6 - 2013 - Filed under: 靴のこと -

今年は早くも梅雨明けしましたね。
こんな晴れて暑い日は、コルクの中敷の入った靴で軽快に出かけませんか?
2013070615020000-2.jpg
写真のモカシンは全て天然素材で出来ています。天然皮革・天然クレープゴムのソール、中敷もコルク。
中敷のコルクは、四国にある友人の会社の特殊開発素材です。
薄いのに弾力性があり、
汗を吸ってくれて清潔、
しかも、滑りにくいのです。
現在、これを使用しているのは、アロハカイロ&フットパラダイスのみ。
夏はビーチサンダルだけ?Non ! Non !
今年は、コルクの中敷の靴で素足美人、素足美男を目指しましょう!
もちろん、お手持ちの靴を素足使用にしたい!という方
ナント!1500円で、この中敷にネームやイニシャルを焼入れして交換しますよ。(但し、交換できない靴もありますのでご相談下さい)
数量限定!
お早めにどうぞ・・・
Have a nice summer !

Makana ~ハワイ語~

Posted by:motocox on 11月 - 27 - 2012 - Filed under: 靴のこと -

11月ももう終わり・・・師走ですね。
街中はクリスマスの飾りできらびやかになってきました。
さて、みなさん、今年のクリスマスはどのようにお過ごしになるのでしょうか?
私は、クリスマスに向けて、オーダーのプレゼント作りに勤しんでいます。
さて、先日、友人が主宰するカルトナージュ教室に参加してきました。
私が作っているベビーシューズを大きくなって履けなくなってからも、
思い出の品として、綺麗に飾っておく方法はないかと思い、
友人に相談し、考案してもらったBOXを、
私自身で一度作ってみよう!というわけです。
晴れた秋の気持ちの良い日。
この日は、インストラクターである友人宅の教室(鵠沼海岸)に伺いました。
デザインは決まっているので、まず、中に入れる靴の色に合わせて、
使用する布とペーパーを選んでゆきます。
箱の外側はこれで、箱の中はこの色で・・・飾りは?
などなど・・・あれやこれや比較検討します。
女性は、この時間がとっても楽しいのです☆
そして台紙をカットして・・・
早速、外側の布を貼っていきます。
シワが寄らないように丁寧に・・・っと。
20121125175001.jpg
次は、箱の蓋をカットして、ペーパーを貼って・・・
201211251751002.jpg
 
フタには靴にほこりがつかないように、プラスチックの透明な板を挟み込んで・・・
201211251751003.jpg
そうしたら、最後の難関、
タッセルを付けて、
フタとBOXを蝶番でくっつけて・・・
完成!!
靴を入れてみたら・・・
どうですか?
とってもカワイイ☆
2012112710390000.jpg
手放すのがもったいないくらいです(笑)
ベビーシューズはいつも大人気のプレゼント。
成長が止まると、足のサイズって変わらないけれど、
小さい12,3cm位って、ほんの一時期。。。
このわずかな時間の思い出って、とっても大切だと思うんですよね。
この時期を思い出の小箱に入れて、ご家族・ご友人の愛情とともに
一生の思い出にしてもらいたいと思います。
クリスマスプレゼント用のベビーシューズの受付は12/9(日)まで。                 
*仕上がりまで2週間かかります
詳しくはお問い合わせ下さい。
http://www.aloha-foot.com
カルトナージュ教室は、鵠沼海岸の他、辻堂のテラスモールでも開催しています。
テラスモールでは、クリスマス1Dayレッスンも開催予定です。
ぜひ、クリスマスプレゼントを寄り素晴らしいものにして下さい・・・。
小箱のアトリエ
kobako.jimdo.com
さて、今回のタイトル
Makana
はハワイ語で、まさに、贈り物・ギフトという意味です。
ステキな贈り物、したいですよね。。。

He wahi pa’akai (ハワイ語~心をこめた贈り物)

Posted by:motocox on 7月 - 15 - 2012 - Filed under: 靴のこと -

7月に入って、雨の降らない日は、真夏のような暑さと日差しですね。
そんな日は、既に、海も賑わっているようですが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
さて、最近、私がずっと捜し求めていたものに出会いました。
それは、赤ちゃんが大きくなって履けなくなったファーストシューズを
飾っておくためのケース・・・
アロハカイロ&フットパラダイスで提供しているベビーシューズは
ひとつひとつ、オーダーを頂いてから、ご希望のデザインと色で、
お名前や誕生日も焼入れして、お作りしたものなのです。
他には無い、世界でひとつの、成長のひとコマを彩ってもらうための
靴なのですが、その大切な思い出の靴が、そのままダンボールなどに入れられて
押入れの奥に放り込まれては、もったいない!!
なんとか、記念に美しく飾っておいていただけるためのケースは無いか?
と、常々思っていたのです。
そうしたらビックリ!!
久しぶりに会った友人が、カルトナージュ教室の先生をやっていました。
すぐにピン!
ときて、作品の写真を見せて頂いたら、
有りました。有りました!
窓枠付きのステキなケースが・・・
そこで、早速打ち合わせ。
すぐにオーダー☆
サイズはもちろん、靴の色やイメージにピッタリで
しかも、しっかりとした作り。。。
これなら、お子さんが大きくなるまで飾っておくことが出来ます。
2012071314420000.jpg
He wahi pa’akai (ヘ・ヴァヒ・パアカイ)
これはハワイ語で、英語に直訳すると、
「Just a package of salt]
昔、中世ヨーロッパや大航海時代は、塩が貴重で高価なものでした。
控えめな日本人が言うのであれば、
「つまらないものですが・・・」
という感じでしょうか?
でも、このケースに入れてプレゼントされたベビーシューズには
このコトバは似合いません。
せめて、遠慮がちに(でも自信を持って)、
「気に入って頂けると良いのですが・・・」
と言葉を添えて差し上げて頂きたいデス。
その位、スペシャルなプレゼントだと思っています。
このケースに出会って、ベビーシューズが輝きを増しました!
料理も器がステキだと、美味しく感じますよね。
大切なものを、大切にとっておく・・・
そのヒントを見つけてください。
「カルトナージュ」
スペースを彩る素敵な箱を手作りしたい方は、
下記、「小箱のアトリエ」のHPをご覧下さい。
ステキなケースに出会えること間違い無しです。
kobako.jimdo.com

Hau’oli la hanau (ハワイ語)

Posted by:motocox on 4月 - 17 - 2012 - Filed under: 靴のこと -

私事ですが、日曜日、誕生日でした。
ご存知の方も多いのですが、うちは、夫婦ともに同じ誕生日。
しかも、結婚記念日まで一緒なのです。
経済的かつ合理的。。。と申しますでしょうか???
さて、多くのSNSでは誕生日のお知らせを自動的に流してくれます。
よって、思いがけない方々からも、
「おめでとう」メッセージを頂戴します。
嬉しいですよね。
誕生日は、出産の時が、一番最初ですが、
その出産祝いに、ベビーシューズを送りたいと
オーダーを頂くことがあります。
こちらでは、中敷にお名前や誕生日、
また、その産まれた赤ちゃんへのメッセージを
入れられるようにしています。
ご両親から、赤ちゃんへ。
おじい様、おばあ様から。
お友達から。
などなど・・・素晴らしいものがあるので
ご紹介します。
プレゼント1
ゆい002
IMGP0086.jpg
いずれも、プレゼントされる方が、こちらで直接、中敷にお書きになっています。
スゴイですよね!
この靴を履いて育ったお子さんは、
大きくなってから、自分が生まれてきた時に、
どんなに愛情を受けたかが、分かると思います。
そして、きっと感謝の気持ちで一杯になることでしょう!!
さて、誕生日のお祝いのコトバに戻りますが、
「おめでとう」を、
もっと印象的に伝えたい、
温かみを感じるコトバで送りたい時に
ハワイ語で「誕生日おめでとう」の意味
Hau’oli la hanau
(ハウオリ・ラー・ハナウ)
と言ってみるのはいかがでしょうか?
このコトバに、花一輪添えるだけで、
とてもステキな一日になること、間違いありません。
で、我が家ですか?
いつもどおり、お仕事して、
自宅で
ちょっといつもよりグレードアップしたワインをいただいて、
シメは、鎌倉の人気店、
okashi『0467』のケーキを堪能。
特に、「おめでとう」はありませんでしたが。。。
こんなものですかね?
まぁ、いいですよね。Hahaha

’’ike `ia no ka loea I ke kuahu (ハワイ語)

Posted by:motocox on 2月 - 10 - 2012 - Filed under: 靴のこと -

いつもデザインを考える時に思うコト
これ(このデザイン)が履き手(靴をオーダー下さった方)にとって、
一番履きやすいデザインか?
好みに合うか?
ライフスタイルに合うか?
などなど、色々と考え、悩む・・・。
考えて考えて、色々デザインをおこして、
決断する。
これにしよう!
この流れは、今まで、何千何万の人の足を見てきて、
その経験によって得た、直感にも因る。
2012020916430000.jpg
既成靴や、既製服、その他、
例えば、住宅であれば、住む人が決まっていないで建てられた建売住宅や、
一般的に商店、スーパーなどなどで売られている、ほとんどのものが、
最終的に使ったり、食べたりする人が目に見えない。
しかし、フルオーダーで靴を作るときは、
オーダーして下さった人と、
普段の生活のこととか、仕事のこととか、趣味とか・・・
色々と話をして、その方を出来るだけ沢山理解して、
最終的に、私が作った靴を履いて、快適な生活をしている様子を
思い描きながら、一つ一つの作業を進めていく。
作業は、とても細かいし(ミリ単位)、
力も根気も要るし、失敗することもあるけれど、
「楽しみにしています!」
「こういうのが欲しかった!」
と喜んで頂くコトバで、
よし!明日も頑張ろう!!
と思えるのだから。。。
幸せなシゴトをしているな・・・。
ちなみに、
‘ike `ia no ka loea I ke kuahu
(イケ・イア・ノ・カ・ロエア・イ・ケ・クアフ)
とは、ハワイ語で「大切な知恵は、経験によってしか得ることは出来ない」
という内容である。
私がこの仕事に就いて16年。
まだまだ、経験、勉強を積まなきゃ・・・

師走らしく・・・

Posted by:motocox on 12月 - 2 - 2011 - Filed under: 靴のこと -

12月に入って、街もすっかりクリスマスらしくなってきました。
同時に、おせちは? 年内はいつまで仕事? 忘年会は?
という声も聞こえてきます。
私事ですが、先週の日曜に、実弟が結婚式をいたしました。
その会場が紅葉色づく素晴らしい日本庭園があるところでして、
気持ちは、まだ、秋なのです。。。
しかし、するべきことは、山積みになりつつあり・・・
やはり、師走ですね。
今月は31日まで、休みなく仕事になりそうですが、
これも、私にとっては恒例。
来年卒業の大学生の就職内定率が低い中、
東北の皆さんが大変な中、
仕事があるのは、ありがたい話です。。。
今年も、年内ギリギリまで頑張りますので、
どうぞよろしくお願いします!

私が壊れていない理由・・・

Posted by:motocox on 2月 - 17 - 2011 - Filed under: 靴のこと -

前回アップしたように、ここのところ忙しくさせていただいております。
最近、いつ、休みを取ったかも覚えていないし、
今日が何月何日、何曜日かもわからないということも・・・
つい昨日は、今月が11月だと思い込んでいたりして、ちょっと危うくなっていました。
昨日は、治療院は定休日でしたが、朝から靴作りの作業に徹していました。
私も、靴作りに携わるようになって、かれこれ15年以上経ちます。
そう聞けば、靴作りのプロなのですが、失敗することもあります。
何時間、いや、何十時間もかけて作り上げていた靴が、
ちょっとした気の緩みで作り直しになることも。。。
昨日も、やってしまい、キ~~~ッ!と雄たけびを上げた後、
大暴れ!!!(そうでもしてストレス発散しないと、その後の緻密な作業に集中できないのです)
相方は、その様子を見て、クワバラクワバラ・・・といった感じで、
いつものように、静かに、その場を去っていきました。
こんな感じで私が作業をしている間、
うちの相方は、家中を掃除機をかけ、洗濯をし、布団を干し、昼食の準備をして、
かたずけまでしてくれていました(涙)
自分で言うのもなんですが、いったん集中すると、結構、持つ方で
気がついたら、辺りはどっぷりと日が暮れていて真っ暗・・・。
相方が買い物を済ませて、夕飯を作ってくれていました。
ああ・・・。今日も一日終わっていたのね。
と思って、ヨレ~~ッとしていたら、玄関にハガキが一枚
私が靴作りをして、お客さんを取るようになり始めた頃からの13年来の方からでした。
201102171128000.jpg
このハガキを読んで、とても心が温かくなりました。
喜んでくれている人がいる・・・
疲れが吹っ飛びます。
そして、忘れかけていた、支えてくれている相方にも感謝しました。
ついつい、忙しいと
心を亡くしてしまいますが、
自分を取り戻すのって、こういうちょっとした気遣いなんだなぁ。
と、改めて思い、全てに感謝した一日の終わりでした。
明日も頑張ろう!

☆立春過ぎて・・・☆

Posted by:motocox on 2月 - 4 - 2011 - Filed under: 靴のこと -

年が明けたと思ったら、あっという間に2月になり、立春が過ぎました。
2月に入って、急に暖かくなりましたね。
このまま、春がやってくるのかしら??
さて、
例年は、この時期、わりと仕事も落ち着いていて、リラックスモードなのですが、
今年はちょっと違います。
靴のオーダー(しかも急ぎの仕上がりのもの)が立て込んでいて、
ゆっくりしているどころか、休み返上の日が続いています。
1月初旬に、ショッピングに行ったり、日帰り温泉で箱根に行ったり・・・と余裕をかましていたら
いつの間にか、仕事が溜まってしまいました。
201102041120000.jpg
結婚式のために・・・旅行のために・・・お祝いに・・・などなど、
そのハレの日のためにご期待いただいているので、頑張るっきゃありませんね!
この忙しさは、今月一杯が山場なので、楽しみながら仕事してまいります☆
さて、日本海側は、豪雪で非常事態とのことで、本当にお気の毒ですが、
鎌倉は、晴天が続いています。
乾燥はしているものの、ありがたいことです。
しかし、同じ神奈川でも、箱根には1月初旬にしっかり雪が積もっていました。
写真は、箱根登山鉄道の中から箱根の山を登っていく様子です。
その日は晴れていて、雪と空気がキラキラしていてとても綺麗でした。
仕事が落ち着いたら、また行きたいですね。
201101121121000.jpg

ひたすら職人

Posted by:motocox on 7月 - 20 - 2010 - Filed under: 靴のこと -

気がついたら、前回のブログ更新から1ヶ月たってしまいました・・・
この間、遊びほうけていたわけでもなく、体調崩していたわけでもなく、
ひたすら靴作りに励んでいました。
オーダーが入る時は、重なる事が多く、一週間の間にオーダーストップが入るくらい注文が入るのです。
今、仕上げの段階に入った靴が、たんまり・・・
しかも、梅雨明けしたとたんに、猛暑!!!
作業場にはクーラー無く、ボーっとした頭でもフル回転させて、
汗と、最近増えた蚊と戦いながら仕事をしています
あと、もうちょっとで何足か仕上がるので、頑張ります!
明日は夏のBIGイベント、鎌倉花火です
今年は綺麗に見えるかな?
201007191459000.jpg
201007191458000.jpg

☆パワーのでるところ☆

Posted by:motocox on 4月 - 23 - 2010 - Filed under: 靴のこと -

かれこれ15年以上前になりますが、
私は手作り靴を学ぶため、原宿にある工房の門をたたきました
その工房の主宰者(私の師匠)は、父と同じ年の60を過ぎた男性でした
大手広告業界で活躍していらっしゃったのですが、50歳を過ぎて脱サラし、
全く違う仕事の手作り靴の道を試行錯誤しながら手法を見出し、
少しずつ人に手作りで靴を作ることを手ほどきされていました
その当時、手作り靴を始められてまだ10年かその位だったようですが、
その手は、何十年も靴を作っていた熟練者の手に見えました
師匠は、靴作りを誰かから手取り足取り教わったのではなく、
靴職人のところに足を運んで自分で見て、考えて、
自ら技法を作り上げたので人一倍努力されたためでしょう
昔は、仕事は先輩や師匠のすることを見て、自分で学び習得していくのが普通でしたね
でも今は、、組み立てられたカリキュラムに従って能動的に教わることしかできない人達が多く、
そのためか、折角途中までやりかけても、簡単に投げ出してしまったり、
ちょっと出来るようになっただけで満足してしまって、
またちょっと興味の出た違うことを始めて・・・ということがあると聞きました
そういう人達は、ある意味、世の中をずっと彷徨ってサーフィンしているような感じがします
そんな時代の中、師匠は既製靴ではなく手作り靴なのか・・・その意味を説いて、
首尾一貫して人々に手作り靴のワークショップを続けています(詳しくはhttp://mogeworkshop.com/)
そのパワーたるや言葉に表すことが出来ません
自分で納得できるシゴトができる環境を求めて、工房は原宿から始まり、
表参道、外苑前、75歳を過ぎていらっしゃるにもかかわらず、
今年から元代々木に場所を移されて、今も現役で活動されています
その新しい工房に、先日お邪魔してきました
元代々木には初めて行ったのですが、一本裏に入ると、
おしゃれなカフェやレストラン、
個性あるファッションのお店があり、
一方、昔から営業している一人商いの店がある、新旧融合した住宅街といった感じでした
とても温かみのある心地の良い所で気に入りました
工房は、私が学んでいた頃からは想像もつかないくらい生徒さんが増えて、まさに、学校でした
でも、師匠の大切にしている雰囲気(空間)は15年前のまま
この空間が好きで、みんな同じ感覚の人が集まってくるのでしょう
初めてなのに、妙に安心感があって、
ビルの1Fにあるカラス張りの工房にずっと座っていたいと思ったほどです
そして、何より、現在靴作りを勉強中の人達の空気と、
現役で頑張っている師匠のエネルギーが、私にパワーをくれました
気持ちが良くなったので、新緑の中を一駅分歩いて帰りました
201004141420000.jpg

☆タテ糸ヨコ糸☆

Posted by:motocox on 10月 - 30 - 2009 - Filed under: 靴のこと -

私が靴を作るシゴトにつく足がかりを作ってくれたのは原宿の靴工房です。
その工房の主宰である師匠が、7年ほど前ケガで入院をしていました。その師匠のお見舞に行った時に聞いた話です。
今現在靴を作っている手仕事(手私事と師匠は言っている)をハタオリに例えると、技術が「タテ糸」で自分のコンセプトは「ヨコ糸」である。
私達、靴の作り手の取り組みはこのタテ糸とヨコ糸を組んで、1枚の布に仕上げることに似ている。
習得した技術が例え同じであろうと、仕上った布は十人十色。その布は、作り手の個性であり、自己表現・・・いや、その人間そのものなのだ。その人が感じたコト、経験したコト、考えたコトetc…がぎっしり詰まったその布で、何を包むか?
これは、どうコミュニティ(履く人、同業の仲間、その他周りの人々や社会)と関わっていくか、ということが我々の課題である。との事。
師匠曰く私には、足のメカニズムについての研究や、リフレクソロジーといったヨコ糸がある。
そのコンセプト=「ヨコ糸」でどういった布が出来あがるか楽しみにしている・・・と。
常に一生懸命取り組んでいるつもりですが、ともすれば目的意識を無くしてしましそうな毎日。
これは私達、靴の作り手だけでなく、あらゆる分野の人に当てはまると思います。
師匠の話を聞いて、一筋の光明をみたような気持ちになりました。
入院中の師匠を励ましに行ったつもりが、逆に励まされて帰ってきたのを思い出します。

Latest images

Latest from blog

About Us

'95  当時原宿にあったモゲワークショップにて本格的手作り靴作成を始める '97 "motocox"として独立 フルオーダー靴作成 '98 MDXフットスペシャリスト認定 青山・自由が丘のサロンで活躍と同時に注文靴の製作、雑誌・TV出演・ホテルでの講座を受け持つ  '00~'01 2回にわたりHawaii州立大学にて解剖学実習に参加・研究 '01~ 鎌倉にて製作拠点を移す '02秋 鎌倉由比ガ浜に カイロ・リフレ・注文靴の店『アロハカイロ&フットパラダイス』 OPEN