ご来院される方々の具体的症状例

カイロプラクティックは筋骨格系の不調に著効を示します。また、自己治癒力の向上により内臓機能にも有効な場合があります。ここでは、ご来院頂いた方のケースを紹介します。

ご来院頂いた方で施術後や次回訪問時に「おかげ様で楽になりました」とご報告頂けた症状を思いつくままに列挙すると・・・

頭痛、顎関節症、寝違え、五十肩、腱鞘炎、肋間の痛み、風邪症候、ギックリ腰、ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、ひざ痛、捻挫、足底痛、卵巣嚢腫、繊維性筋痛症、間質性肺炎etc

「おかげ様で楽になりました」というお褒めのおハガキの一部をお客様の声に掲載しています。

いくつかの具体的な症例を下にご報告します

90歳 男性 (主訴:猫背姿勢)

特に体調で気になるところはないが、姿勢が気になって」ということでご来院。
2回の施術で下の写真のように姿勢が改善しています。
耳の位置が後方に移動しているのがお分かりでしょうか?
肩口も後ろに移動して、背中の丸みも伸びています。
このようにいくら高齢の方でも改善は可能です!

初回施術前 → 2回目施術後
姿勢改善例

2歳11ヶ月 女の子 (症状:小児てんかん)

2歳6ヵ月の時の5月に熱性の全身発作を発症。
その2ヵ月後の7月に再度、非熱性の痙攣発作を発症。
その直後の7月に弊院によくご来院されるお母様から相談を受け母娘一緒にご来院。

お母様を施術後、
「お母さんと同じ事してみる~?」
と、促してみるとおとなしく施術を受けてくれました。
(じっとしてくれていたので施術は可能でした)

その後、カイロ受診後2ヵ月は発作が出なかったものの、9月、10月、11月、3月、そして4月に2回発作があったそうです。
もしやカイロを受けていた方がいいのでは?と4月に再度ご来院。

それ以降7月、8月とご来院いただいていますが、発作は出ていないとの事です。よかった!

この女の子がご来院いただくまでは、下の9歳の女の子が我がアロハカイロの最年少記録だったのですが、この子で最年少記録を更新。

9歳 女の子 (症状:足首痛と腹痛)

歩行時にアキレス腱部に痛みがあるとの事。
それに加え腹部に鈍い痛みがあるとの事で弊院によくご来院されるお母様に連れられてご来院。

その後も、不調になるとお母様に
「あそこに行きたい」(治療院名は知らないらしい)
と、言うそうです。

アロハカイロ&フットパラダイスのカイロの施術はこのように高齢者でも小さなお子様でも安心してお受け頂けます

ちなみに現在定期的にご来院頂く方で最高齢は86歳の方が2人いらっしゃいますが、そのお1人が彼女のおばあ様です。親子3世代でご来院頂いています。

女の子がベットにうつぶせで寝ている写真

73歳 女性 (症状:脊柱管狭窄症

2011年7月にご友人の紹介で東戸塚から初めてご来院。
2014年脊柱管狭窄症の発症までは2~3か月に1度ほどのペースで頚・肩・腰がツライと通院されていました。

2014年10月のある朝いつも通りの散歩コースを歩いていて右臀部に激痛が走り30分程身動きができなかったとのこと。
東戸塚の総合病院の整形外科を受診し、脊柱管狭窄症と診断。 手術を勧められたが、手術が嫌だと11月にアロハカイロ&フットパラダイスにご来院。

その時の身体の状態はバスでじっと座っているのは10分が限界で、歩くのは5分が限界で前かがみで休憩を取らないと再び歩き出せないとのこと。

腰椎の後弯と右側屈がひどいのでそこを重点的に調整。
最初の1か月は1週間に1回、その後は2週間に1回のペースで通院。
翌年5か月後の4月には大船のフラワーセンター(ローカルな話題ですみません)巡りでお友達と歩いて8,500歩でも大丈夫だったと、うれしいご報告を頂きました。

70歳 女性 (症状:腰椎分離すべり症)

2004年9月に初めてご来院。
それまで3年間、24時間365日ずっと脚にしびれがあるとの事。

アロハカイロ&フットパラダイス独自の調整法で腰椎の前弯を減少させる調整法を中心に調整。
月に2回のペースで10回目の施術後に、丸々1日しびれのない日があり、それより徐々に快方へ向かう。

半年後はしびれもほぼ減弱。

2016年12月現在も体調管理のため月に2回のペースでご来院。
しびれ痛みとも無し。同年代の友人よりも体が軽快に動き、うらやましがられているとの事。

86歳 女性 (症状:頭痛、頚痛)

頚から後頭部の奥にかけて嫌な痛みが4年間ずっと取れないとのこと。
鎌倉のとある整形外科で毎週4年間通院したものの痛みが取れないため医師にそれを訴えたところ
「寝違いじゃないの」
と説明され、これではいけないと他の治療院を何か所か探している最中に紹介でご来院。

後頭下筋群、上部頚椎、第3、4胸椎と肋骨に強いズレあり。
そこを重点的に調整。
この方はよほどツラかったのか3日おきに通院。
5回目で劇的に改善をし、痛みが取れました。

ご自分のあの4年間の整形外科通いは何だったんだとショックを受けておられたご様子。

72歳 女性 (症状:頭痛)

2010年9月にチラシを見てご来院。
この方も24時間365日ずっと頭痛があるとのこと。
どんな薬を試しても改善せず、最後にはアメリカから輸入した高価な薬を試しても改善しなかったとのこと。
鎌倉市で一番大きな総合病院の脳外科の医師から
「あなたの頭痛は完治しません」
と言われたとのこと。

上部頚椎、上部胸椎、第一肋骨を重点的に調整。
2週間に1回のペースで通院。
5か月後の2011年2月には頭痛がほぼ減弱状態で、重い荷物が持てるようになったと、うれしいご報告を頂きました。
2016年11月現在も体調維持のため、10日に1回のペースでご来院。

65歳 男性 (症状:ぎっくり腰から慢性化した臀部痛)

2014年10月下旬にぎっくり腰を発症。
東京の職場近くの鍼灸に通い2週間で腰の痛みは緩和するも、臀部痛は改善せず。
アロハカイロ&フットパラダイスに12月にご来院。

上半身を20度ほど前傾姿勢を取っていると、立っていられるがそれ以上体を起こすと臀部に激痛が走るとのこと。
そのため、通勤には杖が手放せないそうです。

初回の調整では、ベットにうつ伏せになることも時間がかかり困難でした。
1週間~10日のペースで通院。
7回目の調整の後、杖無しで歩けるようになったと、うれしいご報告を頂きました。

39歳 女性 (症状:ヘルニアによる運動困難)

2003年12月にHPを見て逗子からご来院。
フリークライミング練習中に落下し、腰を強打。
15分も歩くと立ち止まらないといけないほど腰痛が悪化。

MRI検査の結果第5腰椎ヘルニアと著しい椎間減少のため、医師からはフリークライミングは一生出来ないと告げられた。
腰椎と胸椎のカーブを減弱させる方針で調整。
9回目の施術(2004年2月)で小康状態に。
翌年の2004年5月には少しずつながら、フリークライミングが出来るまで回復。

48歳 女性 (症状:筋緊張性頭痛)

2007年11月にご来院。
2年半の間寝てるとき意外はずっと頭痛があるとの事。
急激にひどい頭痛がくる時があるので、外出は土日にご主人と一緒でないと不安があるとの事。

神経ブロックを6ヵ月、低周波治療を行ったが症状は改善せずとのこと。
上部頚椎を重点的に調整。
3~4日おきに施術して、6回目(同年11月)に改善の兆しあり。
14回目(2008年1月)で頭痛の頻度が1週間に1度の割合に。
その月には一人での外出も苦にならなくなったとの事。

62歳 女性 (症状:五十肩)

ブティック経営。五十肩になってからはシャッターの上げ下ろし、商品の陳列作業などが大変苦になっていた、とのこと。
2回のカイロ調整で可動域がかなり改善。日常業務が楽になったとのこと。

52歳 女性 (症状:五十肩)

重い扉を開いたとき、肩に痛みが走り、以降髪を後ろに梳く動作と腰のほうへ手を回す動作(結髪・結帯動作といいます)が出来なくなり、5ヶ月が過ぎて来院。4回のカイロ調整で両方の動作に問題は無くなる。

33歳 男性 (症状:ギックリ腰)

以前から第5腰椎分離すべり症であった。何度かギックリ腰をやった経験がある。風邪で熱が出た後、ギックリ腰になり来院。ラセグーサイン45度陽性。
腰の前屈、後屈、回旋の動きに全て痛みが伴う状態だったが、2回のカイロの調整でかなり緩和。以降も体調維持のため通院。<

21歳 女性 (症状:ギックリ腰)

夜友達の髪を染めるのを手伝っている時、ギックリ腰になり、翌日来院。手を伸ばし身体を前屈すると(お辞儀の動作)指先が膝上10センチのところで痛む。その日のカイロ調整で膝下30センチまで曲げられるようになり、様子を見ることにする。

26歳 女性 (症状:膝の痛み)

膝はじっとしていてもいつも痛む。姿勢分析では膝の間が指3本分ある典型的なO脚。カイロの調整を受ける。彼女によれば、膝が痛くない状態が1ヶ月も続いたことに驚いたとの事。

65歳 男性 (症状:糖尿病からくる歩行困難)

30代後半から糖尿病で60歳からインシュリンを投与。足にシビレが出るため外に出なくなり股関節が短縮固定してしまう。2週間おきのカイロ調整はストレッチと膵臓に対するアプローチのみで5ヶ月継続。

病院の検査ではヘモグロビンを調べて、検査日から3ヶ月前のインシュリン値が調べられるとの事。結果、200を超えていた値が80代後半で安定していて、医師から付き合い程度の飲食の許可が出るまで体調が安定。

こんな方々が来られてます

8割が女性です。年代的には20代後半から40代後半の人が多いです。
仕事が忙しい年代であったり出産後の育児疲れであったり不調の原因は様々のようです。
 
ツライ症状は肩こり、腰痛、偏頭痛、月経痛、膝痛等が中心です。ただ、定期的に来られてる方では体調維持が主な目的になってるケースも多いです。

ご来院頂いた方の構成比

2002年11月1日リニューアルオープン以降ご来院頂いた方々の構成比です。
8割近くが女性です。しかも、20歳~40歳代が大半です。
カイロプラクティックというと年配の患者さんが多いと思われてる方が多いようですが、意外と若い女性が多いのです。
(データは2005年3月末現在)
男女比円グラフ

年代別円グラフ

何でここをお知りになりましたか?

初回問診時に必ずお聞きする質問があります。
何でここアロハカイロ&フットパラダイスをお知りになりましたか?という質問です。
チラシであったり、広告であったり・・・でも、一番多いのが一度こちらに来て頂いた患者さんからのご紹介なのです。
オープンから2年半。半数近くの方が1度こちらにおいでいただいた方からの紹介なのです。
中にはご家族全員や3世代にわたってお越し頂いてるケースもあるのです。(2005年3月31日現在)

広告別新患円グラフ

ページの先頭へ